elecom_ehp-ba100bk

イヤフォン

水の如き透明感?ELECOM EHP-BA100レビュー

2016/08/31

「REV(@forREV)さんからお借りしました」シリーズ第21弾。いつもありがとうございます。

さて、今回はガジェットメーカーのイメージから一転、最近オーディオ界隈でも実力を認められつつあるELECOMのイヤホンです。

ELECOM AQUA EHP-BA100

IMG_0543

AQUAの名前で知られるイヤホン、EHP-BA100です。

シングルBA構成で筐体は(背面のキャップ部を除き)削り出しで継ぎ目のない真鍮製。

人気も高かったようですが現在は生産完了で価格も高騰しているのだそうです。


 

IMG_0544

背面にはELECOMロゴ。


 

IMG_0545

真鍮製ということで本体はまあまあの重量があります。

筐体が小さめなので外れやすいかと思いきや、装着時には重量でバランスが取れているのか意外と外れにくくなっています。

では聴いていきましょう

UK

有形ランペイジ/FREELY TOMORROW 88.2kHz/24bit CDアップサンプリング音源です。

再生にはAigo Z6を使用します。

 

いざ再生…

 

硬すぎず柔らかすぎず、ほど良い質感の音。高音が明瞭かつキラキラとしています。その名に恥じぬ透明感を持っているようですね。

そしてシングルBA型で懸念されがちなのは低音の量ですがこのAQUAは非常にしっかりとして響きがありつつも締まった低音を充分な量感で鳴らします。

音場は普通。分離は普通~良いといったところでしょうか。

オススメ度☆☆☆☆★

現在、新品の相場は高騰してしまっているようですが一時期は5,000円台まで下がっていたそう。仮にそのあたりの金額で入手できたのならとても良い買い物でしょう。

初めてのシングルBAやイヤホンに興味を持ち始めた方にはとても良いイヤホンです。

<文:かえる>

-イヤフォン