IMG_0295

プレーヤー・アンプ

今日から愛国者。中華ハイレゾプレイヤーAigo Z6開封レビュー

2016/09/08

Aigo(月光宝盒) Z6

本日は自前で購入したプレイヤーが届きましたのでそちらのご紹介。

その名もAigo Z6。Aigoとは中国語で愛国者の意味ですね。ちなみに英語ではパトリオット。

DSD再生に対応したハイレゾプレイヤーで公称値では16~600Ωまで鳴らせるとのことですから出力も高いようです。

機能もそれなりに充実していますが何よりもデザインに惚れました。

6508660_Z6750-12

※画像:メーカーページより

この四角ベースなデザイン、ガンメタリックで無骨ながらも高級感のある筐体。

しかもこれで日本円にして20,000円前後なのですからたまりません(LINEOUTが無いのだけが残念でしたが…)。

なお、出力の3.5mm端子は3極専用のようです。4極プラグでは片方から音が出ませんのでご注意を。

■スペック

サイズ 約106×64×15mm
重量 約160g
ディスプレイ 2.4インチTFT液晶 240×320
対応インピーダンス 16~600Ω
再生対応拡張子 DSD:DSD64 DSD128(ISO、DSF、DFF)※DST非対応

WAV:192kHz/24bit

FLAC:192kHz/24bit

APE:96kHz/24bit

ALAC:192kHz/24bit

MP1、MP2、MP3

電池容量 2500mAh
外部ストレージ SDXC/128GBまで対応 FAT32/exFAT

 

Aigo(月光宝盒) Z6 開封

IMG_0282

では開けていきましょ~。


 

IMG_0283

しっかりとした外箱。


 

IMG_0284

帯状になっていてその中から更に箱が。


 

IMG_0286

箱の中には最上段にプレイヤー本体と


 

IMG_0285

下部の箱に付属品。USB、簡易説明書、説明書、保証書、検査合格証とケース。


 

IMG_0303

USBのケーブル部分は布でカバーされていました。


 

IMG_0304

カバーの裏には月光宝盒の文字。


 

IMG_0287

本体の画面部分には初めから保護シートが貼ってありました。親切ですね。


 

IMG_0296

マスクを剥がしました。では筐体をグルリとみていきましょう。

まずこの正面。2.4インチ液晶の下には操作用の5箇所のタッチセンサーがあります。

左上が決定、その右が戻る。中央が再生/一時停止で下段は項目の移動や前曲/次曲・巻き戻し/早送りになっています。


 

IMG_0293

左側面。何もなくツルリとしています。


 

IMG_0294

底面も同様。


 

IMG_0291

右側面。左からUSB(充電/データ転送)端子、SDスロット、ボリュームです。


 

IMG_0292

上面です。電源ボタンと3.5mmジャック。


 

IMG_0295

背面には外箱と同じデザインとシリアルなどの表示となっていました。

Aigo(月光宝盒) Z6 インターフェイス

では電源を入れて軽く中を見ていきましょう。

IMG_0288

こちらメニュー画面。再生中の楽曲・ミュージックリスト・ファイルブラウザ・再生設定・システム設定の5項目に分かれています。


 

IMG_0289

システム設定の中の本体情報。ファームウェアはメーカーページにあり、更新時はSDにデータを入れて本体でアップデート操作を行ないます。


 

IMG_0290

言語は英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)の3種類のみですが再生画面では日本語も問題なく表示されます。

 


 

IMG_0297

音量は最大で160になる様子。私はMusicMakerTW1で聴いて100~105程度がちょうどよかったです。

システム設定ではそのほかに画面消灯時間やタッチセンサーの光り方の設定など割と細かく設定できるようでした。

 

なお、写真はありませんが再生設定のほうではイコライザなども用意されていました。

しかしLossy Music Equalizeという表記なのでもしかしたらMP3などのロスレスではない音源にしかかからないのかもしれません。


 

IMG_0298

ミュージックリストに入りました。

このAigo Z6の特徴でもあるようなのですが音源のプロパティを読み取り、88.2kHzを境にNormalMusicとHiFiMusicに分けてくれます。

NowPlaylistには再生中の曲が含まれているアルバム曲が表示されるようです。

プレイリストは追加したい曲に選択バーをあわせた状態で決定を長押しすると追加できます。

外部プレイリストが読めるかは確認していません。


 

IMG_0300

再生画面その1。楽曲情報が表示されます。

ここで決定を押すと…


 

IMG_0301

(楽曲に情報を埋め込んでいれば)歌詞が表示されます。

更に決定を押すと


 

IMG_0302

アートワーク。歌詞はともかくアートワークは楽曲情報で表示して欲しかったですね。

また読めるデータになんらかの縛りがあるようで(画像サイズ?)楽曲に埋め込んであっても表示されるものとされないものがあるようです。

 

1つ大きな難点としてはミュージックリストで楽曲を選択して再生を開始してもこの再生中画面には飛びません。リストの状態のまま再生が始まります。

再生中画面に行くには戻るを長押ししてメニューまで戻り、再生中画面を選択しなければなりません。

ミュージックリストに戻る際も同様。これはちょっと面倒です。

 

では聴いていきましょう

イヤホンはTW1。曲はEGOISTの名前のない怪物。CDからリッピングして88.2kHz/24bitにアップサンプリングしています。

resize_image

 

いざ再生。

 

音はあまり硬さはなく柔らかい印象です。音場はやや広めでしょうか。ボーカルは比較的はっきりとしています。

静かな感じというよりは明るい感じの、ボサノヴァなんかが合いそうな音の傾向に感じました。

 

曲によっては難有り?

手持ちの曲を雑多に回していたとき、まれに最初の0.5秒くらい音が飛んでから再生されるものがありました。

同じアルバム内でもそうなるものとならないものがあるためこれは何が原因なのかよくわかりません。

※追記:メーカーに問い合わせたところ最新ファームのバグのようだとのことです。

 

ですが全体的には価格を考えれば充分な性能であると思います。

安価なプレイヤーを探している方は候補に入れてみてもよいのではないでしょうか。

メーカーページ

<文:かえる>

-プレーヤー・アンプ