イヤフォン

【3DD】KINBOOFI KBF F60開封レビュー

お久しぶりですBOSSです。最近通勤時にイヤホン出すのも億劫になってきました。

先日Twitterのタイムラインを見ていましたところなかなか面白い試みのイヤホンが出たようだったので早速購入しました。

 

KBF F60

 

怒涛の3DDドライバ

2DDやハイブリッド型はよく見ますが3DDという製品を見たのは見知っている限り今回が初でした。数が多ければ良いというものではありませんが、それでも3DDに挑んでしまった経緯など非常に気になるところではあります。

またこのドライバは独自開発ということで、元々3つで構成する予定だったのか、または3つ重ねてもいいじゃない!という結果になったのかなど妄想は止まらなくなります。

 

 

付属品はイヤーチップS/M/Lあり

今回はAmazonから購入しまして翌日到着。ひと昔前はAliExplessなどで注文しても1か月ほどかかったり忘れたころに届くという状態が普通でしたが、国内で翌日到着する製品が増えたのでうれしい限りです。

 

黒モデルを買いましたが光沢のある黒なので写真を撮るのがちょっと難しいという絶妙な部分での苦労はありますが、内容物は本体とケース、S/M/Lサイズのイヤーピースという構成です。

 

 

MMCXは通話対応のマイク付き

MMCXの製品はいくつか持っておりますが、こちらはMMCXながらマイク付きのモデルでした。リケーブルを行って普通に使うも良し。逆にお気に入りのイヤホンにこのケーブルを使用して通話対応のイヤホンにしてしまうなんてことも可能です。

このイヤホンはSHURE掛け用となっていますが、このケーブルにはよく見る耳の形に合わせるための金属の棒だったりガイドだったりという構造はなく普通に耳の裏に回すだけといったものでした。先ほどの通り他のイヤホンへの流用も比較的容易にできます。

 

 

総評 : ☆☆☆★★

「新たに買うなら◎」「お気に入りを持っているなら△」という感じでしょうか。お値段的にも今使っているものがプレイヤーなどに付属のイヤホンで、もうちょっと工夫したいという人にはオススメです。

ここからは実際に使用してみた感想など。機器は改造iPodを使用します。

 

音質 :

低音域はアタック感も心地よく、それでいて中音域や高音域にはそんなに影響せず全体的に心地よいです。

ボーカルは近すぎず遠すぎず。たまに見かける声にゴリゴリエフェクトかかったようなものだと若干埋もれてしまうことも。

解像度に関しては悪くはない。しかし高いものを知っているとか聴き比べなど比較対象がある場合は突飛しているわけでもない。

イヤーピースを付属品以外のものに交換する場合は抜けのよさそうなスポンジタイプを使用すると個人的には1番バランスが取れているように感じました。

4曲GND分離型にリケーブルをしてみたところ空間系で向上した感覚はあったものの決定打となるような効果はあまり感じる事はなかったのでお好み

 

付属品 :

マイク付きのMMCXを1本用意しておきたいという人にもおすすめ。

質感は柔らかめで絡まりにくく、ゴム質特有のキュッという引っ掛かりはないので取り回しは非常にしやすい。

 

キワモノ系は試みとは裏腹に結果が残念というものを何度も見かけましたが、こちらは価格帯もさることながら使用してみても「ウーン・・・」となることがない珍しいイヤホンでした。多BAは苦手という方はこちらも少なからずそれに近い鳴り方はしていますが、その中でもこれは許せるという人が出てくるかもしれません。

 

もちろん今回も視聴できるように店舗に置いておきますので、気になっている人がいた場合は是非当店へ!

ただ最近シャレにならないほど暑いので、飲み物や塩分補給などは十分にお気を付けください。

 

<文:BOSS>

-イヤフォン