イヤフォン

【どこかで】KZ ZS5レビュー【見たことある(´・ω・`)】

皆さんこんにちは、R.I.(@RI00397779)ですm(__)m

遅くなりましたが、仕事でバタバタしておりサボりぎみだった記事の投稿をさせて頂こうかと思います(´・ω・`)懺悔
今回は発売されてしばらく経ちましたKZ ZS5のレビューをしようかと思います٩( 'ω' )و

といいますのもこちらのイヤホン、発売前からの話題性やTwitter等での話題性に対してネット上で日本語でのレビューが少なかったんですよね(´・ω・`;)

なので、僕自身が購入する際にすこし悩ましかったこともあり、同じようにお悩みの方の参考になればと思った次第です(*`・ω・)ゞ

 

1.スペックと外観等

まず、本イヤホンを僕は以下のストアで購入致しました。Wooeasy Earphones Storeさんが行われているサイトなのでアフターケアも比較的安心ではないでしょうか( *・ω・)ノ

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/b/AQSC10OWMG4S5


スペック等に関しましては、

価格:4655円(マイク無し)

ドライバー(片側辺り):

○10mm低域用ダイナミックドライバー

○6.4mm中域用ダイナミックドライバー

○1205高域用バランスドアーマチュア

○30095超高域用バランスドアーマチュア

端子:2Pin端子(直径0.75mm)

といった感じです( *・ω・)ノ

いや、ほんとこの価格で4ドライバーのハイブリッドってすごいですよね。また先程調べて知ったんですが高域用のドライバーはこの機種の為に作られたそうです。とは言いつつメーカーさんはよくわからないんですが(´・ω・`;)汗

音量はスマホ等でもとることは出来ますが、低域等がしっかり出て鳴らしきるにはある程度しっかりと駆動力がいるなといった感じでした。

 

では次に外観等に関して、まずは写真の方を御覧下さい( *・ω・)ノ

シェルですが……ご覧のように某高級イヤホンにそっくりです(´・ω・`)

この部分の好みはあるかと思いますが、色味に関しては写真よりややシルバーに近いグレーになります。プラスチック?のシェルですが初めからそれを知っていれば質感が低いということは無いかと思います。

装着感については、ご覧のように角ばったシェルの為人によっては長い間使用すると耳が痛くなるかもしれません( *・ω・)ノ

 

また注意点としては端子が0.75mmの2Pinなので直径的にはUltimate Ears 10proと同じなんですが、極性は一般的な(直径0.78mmの)2Pinイヤホンと同じです。その為イヤホンの穴を拡げずにリケーブルするとすればKZ自身のアップグレードケーブルを使わないといけません(´・ω・`)困惑

これに関しましてはまた後述致します。

 

2.音質レビュー

では音質に関してレビューさせて頂こうと思います٩( 'ω' )و

試聴環境は以下のようになります。

AK100+KZ アップグレードケーブル+本イヤホン

※今回は数十時間のエージング後の感想となります。

○全体としては情報量が多く分離のいい弱ドンシャリのリスニング系イヤホンです。

○音場はやや広め~普通程度で、高域にバランスドアーマチュアを使用している為か解像度と分離感は高めに感じます。

○低域はダイナミックドライバーなだけあり量感が十分ありつつも沈み込むような質感もある程度しっかり感じる事が出来ます。ただ2DDなので常に頭を揺らすほどの低域かと言えばそんなことはなく、他帯域を邪魔しない中でしっかりと低域を出している印象です。低音大好き(((o(*゚∀゚*)o)))みたいな方には少し物足りないかと思います。

○中域に関しては、中域というよりは中低域~中高域といった感じかもしれませんが、厚みのある音でロックでのギターのフレーズ等が気持ちいいです(*´ω`*)

ボーカルはやや遠くから聴こえます。質感に関してはやや掠れを感じ、良く言えばハスキーな感じに音がなります。これに関しては優劣と言うよりは、この音の感じを生々しいととるか単純に好みの問題の様に思います( *・ω・)ノ

○高域に関しては解像度の高さから特に色々な音が聴こえてくるように思います。伸びよりはキラキラ感が特徴的かと思います。

音の鳴らし方はシンバルがわかりやすいのですが、カンカンと硬めの音ではなく少しシャリシャリした感じで恐らくこの部分も好みの別れるところかと思います( *・ω・)ノ

○高域に関しては、耳に刺さる事はないけれど情報量の多く色々な音が聴こえる高域といった印象です。伸びはfinal heavenシリーズの様にとても伸びる感じはありませんが、必要程度には伸びて特段不満感はありません。やや高域の線が細く中域同様に掠れを感じるような印象もありますがリケーブルで改善しそうです。

○ 補足として、ZS5はボーカルが遠くからやや聴こえたりや高域の音の出し方がドンシャリっぽいので冒頭では弱ドンシャリと書きました。しかし低域・中域・高域の相対的なバランスで言えばやや低域強めの全域がしっかり出ているフラットといったようにも感じます( *・ω・)ノ

 

3.まとめ

○色々書きましたが5000円以下と考えるとこの1年位で購入した中ではトップレベルに良いイヤホンだと思います。ケーブルやイヤーピースでも遊色々遊べる所も楽しいです(((o(*゚∀゚*)o)))

また多ドラでダイナミックドライバーもあるためか、使用する内に音の纏まりが出て「濃い音」になっていくのも面白いですね。

○多ドラで低域もしっかり出つつも、BAがスッキリした音も出ており、初めて多ドラのイヤホンを買ってみたいという方には手頃な価格も相まってオススメ出来るイヤホンだと思います。気になる方は物は試しにいってみてはいかがでしょうか~( *・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 

番外編 おまけ

実はですね……こちらのイヤホン個人的には価格に関係なく好みど真中だったんですよね(´・ω・`)

そしてリケーブルが2Pinを拡げずにするにはKZ アップグレードケーブルを使用しないといけないと書きました。しかし逆に言えば穴が拡がってもいいならば一般的な2Pinケーブルが使用できるんですよね(((´・ω・`)))

ということで、以下のようなことをしてみました٩( 'ω' )و

ご覧のようにBeat Audio Silversonicの2Pinケーブルを使用してみました。結果として純正ケーブルがやや緩くなりはしましたが、音質面では低域が柔らかく広がり中域や高域の掠れが落ち着きだいぶ良い音になったのではないかと思います。何よりケーブルが中古だったので2つ合わせて1万5000円弱でやや高価なイヤホン程度の費用でした( *・ω・)ノ

※自己責任にはなりますが※気になる方は少しいいケーブルあるいはお気に入りのケーブルを試してみられても面白いかもしれないですね( *・ω・)ノ

-イヤフォン