プレーヤー・アンプ

【中華DAP】Zishan DSD レビュー【DIY】

先日引っ越しまして家具の選定に考えあぐねております。

BOSSです。

 

今回はオーディオ好きはまず利用しているだろうAliexpressから、DIYのDAPをご紹介します。

 

Zishan DSD

 

クリックすると商品ページに飛びます。

 

現在はセールで$145で販売されています。

ただ「あと2日」という数字は当日見てみると日付が伸びたりしているのでこのセールがいつまで続くのかはわかりません・・・

 

思っていた以上に小さい

商品ページの背景にどこかで見たことのあるような人形が並べられていましたが、想像していた大きさよりかは全然小さいので少々びっくりしました。

 

iPod classicと比較するとこんな感じです。

 

分厚さだけは想像通りで、これは収納できるケース選びに骨が折れそうです・・・

 

説明書なしの玄人志向

商品ページにこそ各ボタンの動作と入力端子の説明はあるものの本体に説明書はなく、商品ページを熟読するか直感で操作する必要があります。

 

付属品は以下の通り

・MicroSDカードリーダー

・ステレオオス-オスケーブル

・USBACアダプタ

・MicroUSBケーブル

・本体収納ケース

 

出力系統は豊富

出力としてはヘッドホンアウト,LINEアウト,同軸アウトの3つがあるほか、充電に使われるMicroUSBポートにPCを接続するとUSB DACとしても使用できる。

ヘッドホンアウト,LINEアウトは4極でも普通に使用可能でした。

またヘッドホンアウトとLINEアウトが上部に出ているのでポタアンと接続しても上下逆につける必要がない事が多く、使い勝手落としては個人的にとても良い。

 

 

しかしLINEアウトの音がかなり小さく、普段通して使用しているアンプのボリュームを結構上げる必要がありましたが常時ポタアン経由で使う予定もないので問題はありませんでした。

 

起動はこれまでのDAP1早い

Twitterに投稿しましたが起動の速さとシャットダウンの速さが今までのDAPの中では1番で、軽いOSならではということでしょうか。

 

いざ試聴!・・・の前に問題点

色々と曲を再生しつつ音質でも評価しようと思いましたが、いくつか問題点があったので挙げてみます。

 

・起動後に前回停止させた音楽を問答無用にレジュームする。

→これは気にならない程度ではありますが「さて今日は何を聴く気分かなー」なんて思惑をぶった切る勢いでレジュームしてきます。ボリュームノブを何かに引っ掛けて音量が上がっていたときはかなりダメージを受けるはずなのでその辺に注意がいくように(半強制的に)なります。

 

・頭切れ / 尻切れのオンパレード

→ギャップレスには非対応で曲間1~2秒は飛んでしまう。普通の曲でも曲の始まりや曲終了後に無音空間がほとんどない楽曲は前後1コマほど飛びます。

 

・ボリュームの挙動が逆

→逆というか基本的に時計回り=音量UPだと思っていたところこちらは時計回りで音量DOWN。なのでminにしたつもりで電源入れると実はmaxという悲劇が起こります。

 

・ボタンのカチカチ具合がケーブルを伝わって耳に

→正面に配置されているボタンですが押し心地は普通のカチカチするボタンなので、押すたびにカチカチという振動が耳に伝わってきます。何かのタイミングでカチカチスイッチから沈むタイプのスイッチにしたいところですね!

 

お値段以上の音質。対応フォーマットも多い

そんな問題を踏まえつつ試聴してみました。楽曲は先日購入したサントラ(48k 24bit)やCDリッピングのものなど。

購入時にMicroSDが入っており、親切に中の色々なフォーマットの音楽データがありましたが聴いたことのないタイトルばかりで何の参考にもならなさそうなので手持ちのMicroSDに変更しました。

普段は修理したVALOQを使用していますが、それと比べると空間的には奥行が狭い部分は感じつつ少し低音寄りながら解像度は高く、伸びるところはちゃんと伸びている。音質的には非常に良いという感じです。

お値段として考えるのであれば必要十分な音質でした。

同軸に対応しているアンプを持っていないので同軸はテストすることができませんでしたが、評価としては同軸アウトも高いようでここからMojoなどに接続するとご機嫌サウンドとなるようです。

 

対応フォーマットは以下の通り、何気にisoにも対応していました。

 

これからのOSの更新次第では買いか

安めのDAPで対応フォーマットも多彩なDAPと言えば先日レビューしたCayin N3もありますが、こちらは完全DIY品なので見た目からUIからチープな感じは否めません。

しかしながら音質の面では必要十分で、今後のOSの更新内容によっては手に1台は持っておきたいDAPとなるのではないでしょうか。

 

 

次回はさっそく分解してみます!

しばらくはエージングもしながら素のままで使用する予定なので、「弄る前に試聴したい!」という方がいましたらTwitterででも是非ご一報ください☆

 

<文 : BOSS>

-プレーヤー・アンプ