イヤフォン

【中華イヤホン】Sendiy M2開封レビュー

2017/02/15

さて、本日新たなイヤホンが届きましたので、早速ご紹介してみたいと思います。

Sendiy M2

SendiyAudio。中国メーカーのようですがざっと検索しても公式サイトのようなものは引っかかりませんでした。

Aliexpress内に公式ストアがあります。製品は、今回ご紹介するダイナミック1発のM2と、ハイブリッド型のM1221のみのようですね。

 

「音楽は人生を変える」。良いフレーズです。

 

左右に分かれるタイプのボックスでした。左右それぞれに製品が収まっています。

 

右側にはイヤホン本体と、写っていませんが中央の穴に交換用ノズル(後述します)が。

 

左側にはその他付属品が入っていました。

 

セミハードケースとイヤーチップ、奥にはワニ口クリップ。

イヤーチップは一般的なシリコン製がS/M/L各1セット(Mは本体に装着済み)、ウレタン1セット、2段フランジ1セットの計5セット入っていました。

 

ケースの印字はちょっと歪んでいましたが特に問題なし。

 

M2はメーカー側でエージングを推奨しているようで、専用のCDが付いていました。

レコード調のデザインが渋いですね。

 

レコード調のためか、裏面も黒になっていました。細かな気遣いが見えると好感を持てますね。

余談ですが、黒い盤面は初代プレステを思い出します。

このCDについてはファーストレビュー後に聴いてみたいと思います。

 

では本体を見ていきましょう。

筐体はアルミと黒檀で構成されています。前述の通りダイナミック1発の構成で、周波数特性は20‐20,000Hz。

ケーブルは編みこみで、上からブラックのチューブが被せられています。

 

プラグは3.5mmステレオ金メッキの3極。ブーツには「SENDIY」の刻印が確認できます。

 

分岐部にはプラグのブーツと同じフォントで「M2」の文字が。

 

さて、先ほど簡単に触れましたが、こちらの機種はノズルが交換できるようになっており、シルバーとブラックの2種類の音を楽しめます。

特に内部に何か詰めてあるとかではないのですが、見た感じでは網目の細かさが違うようでした。

 

ノズルはネジ式で、回して外します。内部を覗くと振動版が見えました。

 

では聴いていきましょう

再生機器はAP100。最初はシルバーノズルで聴いてみます。

airo-s-t

曲はLia/鳥の詩 44.1kHz/16bit CDリッピングしたFlac音源です。

※エージング推奨機器を未エージング状態で聴いています。あらかじめご了承ください。

 

いざ再生…

 

まず「音が濃い」というのが第一印象です。

傾向は完全にドンシャリなのですが、中域も負けずにパワーのある音で鳴っています。

低音はややボワつきを感じますが、バスドラのドゥンドゥンという音が強烈ながらも圧迫感なくリズムを作ってくれます。

中音、ボーカルはクリアかつ伸びやか。変なエコーがかかる事もなく、つとめて自然に残響が広がっていきます。

高音。シンセなどはテケテケとした感じを残しつつも耳に刺さらず、他の音域を邪魔することもありません。

このイヤホンにおいて、特筆すべきはその音場ではないでしょうか。

恐らくはそんなに広いわけではないのですが、前述のように残響の広がり方が上手い。

そのため、実際の幅よりも広く感じますし、ホールのような臨場感を感じるような音造りになっています。

 

では次にブラックノズル。

いざ再生…

 

シルバーノズルが全域をカバーし強い音で鳴らすものでしたが、このブラックは低音の表現を抑えた中高音重視の音造りなようです。

シルバーが低≧高>中だとすれば、ブラックは中≧高>低という感じ。

クリアさや残響の残し方は同じですが全く別のイヤホンを使っていると錯覚をしそうなくらいに違う音になります。

しかし残念なことに、高域に振ってしまったがためにボーカルにやや刺さりを感じるようになりました。

また、低音が極端に抜かれるので肩透かしを食らったように感じる場合もあるかもしれません。

個人的にはシルバーノズル一択ですね。

 

オマケ:エージングCD

付属のエージングCDですが、取説(ALL中国語)によると、よくあるホワイトノイズやピンクノイズのみ入ったCDではないようです。

調整したい音域に合わせて低、中、高、全域に各3曲ずつ、計12曲が入っているのだとか。

中国語表記ではありますが、推奨のエージング方法も丁寧に書かれていました。

 

というわけでせっかくなので聴いてみました。

再生はSONYのDiscman D-11で。傾向は3曲ずつ、高域用、中域用、低域用、全域用となっています。

 

01.Le Autunno Allegro

弦楽器を中心とした王道のクラシックという感じ。

02.梁祝(小提琴版)

中国で作られたヴァイオリン協奏曲なのだそうで。メロディーにやや中国っぽさがあります。

03.十面埋伏(琵琶版)

中国では琵琶の名曲として有名らしいです。琵琶しか使われていないので前の2曲に比べて静かですが、荒々しい琵琶の音色に聴き入ってしまいます。

04.青蔵高原

青蔵高原とはチベット高原のことなのだそうです。女性ボーカルが入っているのですが、伸びやかで澄んだ高音が広大な高原をイメージさせます。

05.天堂

腾格尔という中国の男性歌手の曲のようです。ギターを中心とした演奏でしっとりとした曲です。

06.渡口

蔡琴という中国の女性歌手の曲のようです。これもギターメインでフォークソングのような感じ。

07.鼓詩

炎黄第一鼓という太鼓の組曲(?)の一曲のようです。太鼓の重厚な響きが放たれる度に目が覚めるような気がします。

08.閑雲孤鶴

四字熟語では束縛を受けず、ゆうゆうと自然に親しみ暮らすという意味なのだそうで。その名の通りスローながらもちょっと悲しげな雰囲気のある曲。

09.重返大渓谷

英名は「Return to Grand Canyon」。どこまでも雄大な大地をイメージさせます。

10.加州旅館

「Hotel California」。イーグルスの名曲ですね。

11.TheMass

ERAの3rdアルバムに入っている曲。ダークファンタジー感。

12.Fairytale

出自が分かりませんでしたが、王道ファンタジーっぽい感じでした。

 

メーカー側で既存の曲の中からエージングに向きそうな楽曲をセレクトしたアルバムになっているようですね。

普通に良い曲ばかりなので、エージング用ではなくリスニング用としても○でした。

 

オススメ度☆☆☆☆★+0.5

約5,000円の価格ながら、この品質の高さ、セット内容の豪華さ、音質と非常に満足度の高い製品です。

音が濃いので普通ならば聴き疲れしそうなのですが、そこは黒檀を使用しているためか、ほどよく丸みがあり長時間聴いていても問題ありませんでした。

IEM型に比べれば装着の安定感は劣りますが、反面で圧迫感なく着けていられるので、これも聴き疲れをしない要因かなと思います。

他所の評価ではエージングによって音の広がりが更に伸びるそうなので、ここからの変化が楽しみです♪

<文:かえる>

-イヤフォン