ヘッドホン

投げ売られヘッドホン iCatch YL-EP10レビュー

2017/02/15

先日、Twitterのタイムラインに「新春投げ売り」の文字が飛び込んできました。

何ぞ?と思ってみてみるとAmazonでヘッドホンが399円なのだと。

レビューも☆3.5ですし、まとめ買い対象とはいえ価格が価格なので欲しかった日用品と一緒にカートへGo!!しました。

iCatch YL-EP10

399円なのでどんな簡素なパッケージかと思ったらちゃんとしていてビックリ。

側面の仕様表をみますと、周波数帯域20‐20,000Hz、インピーダンス32Ωと実に一般的。

取説などはなく、内容物はこの2点だけ。で、開けて更に驚いたのは初めからリケーブル対応になっていることでした。

本来の売価を調べてみると、GearBestで$11弱、高いところで2,200円でした。この価格帯でリケーブル対応のものはあまり見ない気がします。

ヘッドバンドは衝撃吸収タイプのメッシュで当たりが柔らかいです。

イヤーパッドは合皮と思われます。卵型のカップ部分はマットな手触りで高級感を感じる造り。

ファッションとして取り入れる場合も服を選らばなそうです。

パッドの内側はヘッドバンドと同じメッシュ素材でした。

L側の下部にジャックが。片側ケーブルタイプのヘッドホンです。

こちらのジャックは3.5mm3極タイプのようでした。

LR表記は一般的なサイド部への配置。

ヘッドバンドのサイズ調整時に、余ったバンドの部分がカップ内に収納されるのはちょっと変わってますね。

付属のケーブルは1.2mでリモコンマイク付き。いわゆる"きしめんケーブル"なので絡みにくくて◎。

マイクと…

リモコン。1ボタンのようです。

端子はいずれも3.5mmステレオ金メッキですが、3極がヘッドホン側、4極がプレイヤー側なので注意が必要です。

 


 

このヘッドホン、やや装着感が悪いという感想がチラホラと見受けられました。

オンイヤータイプなので落ち着く場所が見つかるまではちょっと面倒なのはわかりますが、装着してみると確かに納まりに違和感が。

どうにも耳に乗せたときに、下部=耳たぶ側が空いている感じがするのです。

そもそもバンドが短いようで、私は最大まで伸ばさないと装着できません。

どうせ縮めないので良いだろうということでこの真っ直ぐなバンドを

曲げてやりました。これで上手いこと乗るように。

ただしこれをやるとカップ内に収納できなくなる可能性がありますし、曲げすぎて折れる可能性もあるので、曲げる場合には自己責任でお願いいたします。

では聴いていきましょう

再生機器はAP100

airo-s-t

曲はLia/鳥の詩 44.1kHz/16bit CDリッピングしたFlac音源です。

 

いざ再生…

 

全体的な音量のバランスはとれていますね。ややドンシャリの感もありますがフラット寄りに感じます。

低音はややボワボワしますが音を見失うほどではありません。位置も下の方で鳴っています。

中音。まずボーカルが他の音に比べて遠いですね。あとはやや曇っているような…。これについてはよく聴いてみますと、変なエコーがかかっているようにも思います。

イメージとしてはお風呂場で歌っているときのように、狭い空間に広がった残響が一緒に聴こえてくる様な感じです。

しかしシンセやピアノの音は案外クリアで、この残響が心地よく聴こえるのです。うーん、惜しい。

高音。シンバルなどは金属感を残しながらも上手く広がっています。

 

音場は広くないですが左右の定位はしっかりしていますね。弱ドンシャリで比較的高音に強いといった印象です。

オススメ度☆☆☆★★+0.5

なにせ価格が安く、コストパフォーマンス○。投売りでなくとも1,200円~1,300円くらいならば買ってもよい音質に感じました(とはいえ過度な期待は禁物です)。

惜しむらくはボーカル。ここがもっとクリアに聴こえていれば…。しかし他の曲を試聴した際のギターやピアノ、ストリングスの表現は上手いのでインストを中心に再生する方にはオススメできますね。

また、オンイヤータイプのため軽いので、持ち運びにはGood。ただし音漏れしやすい点には注意が必要です。

現在、Amazonのほうは品切れで次回入荷未定ということですが、もし安価で入手できる機会があれば試しに1本買ってみても良いのではないでしょうか。

<文:かえる>

-ヘッドホン