イヤフォン

ライコネンさん製作イヤホンレビュー

2017/01/15

皆様こんばんは。昨日に続きましてR.I.ですm(__)m

今日は本日届きましたイヤホンについてレビューをさせて頂こうと思いますm(__)m

まずこちらのイヤホンですが、ライコネンさん(@AX2sjEBfFlQlXpg)という方が製作されたものになります。

価格に関しては本体のみで6,000円でした。ただしこの価格に関しては今回のみとのことなのでご参考までに( *・ω・)ノ


1.スペックと外観等

こちらのイヤホンスペックとしましてはKnowles29689のシングルドライバーになります。

次に外観等ですがまずは写真の方をご覧ださいm(__)m

ご覧の様にハウジングのツヤや透明感が個人製作とは思えないほどに丁寧でデザインも和柄で可愛らしいです(*´ω`*)

ハウジングのサイズは大きめなので、耳の小さい方はもしかすると圧迫感があるかもしれません。

また本機の特徴としてステム部分が金属となっており、且つそれが画像の様に比較的長めになっている為に耳の奥まで入れる感じの装着感がやや好みが別れるかもしれません。

個人的にはこの装着感はなかなか面白く好きです( *・ω・)ノ


2.音質レビュー

さて、一番大事な音質に関してですが、今回も最近よく

AGPTEK IMP+Woodhifi 銀メッキケーブル+本機

の組み合わせで様々なジャンルを聴きましたm(__)m

○大まかな傾向は高域寄りで余韻の少ないスッキリしたモニター系の音です。音場は狭いこともなく普通からやや広い位です。

○面白かったのは、シングルBAでモニターライクな為ケーブルにによる違いが比較的感じられました。個人的には中域~高域の改善されるケーブルが相性が良いと思います。

○低域に関してはシングルBAの為に量感は少ないです。質に関してはタイトでボワつきはありません。録音のしっかりした音源であれば特に物足りないとは思いませんがメタルや壮大なクラシック、空気感のあるジャズなどは合わないかもしれません。

○次に中域に関しては、まずボーカルは定位がパシッと定まり、線が細めでハスキーな印象を受けます。距離感としてはやや後ろよりでしょうか。

ステムが金属の為か金管楽器もやや線が細めですが綺麗に伸びますし、ピアノも綺麗です。

そして本機一番の特徴と魅力は中高域辺りのエレキギターによる表現だと思います。クランチやディストーション、ファズの音の荒々しさをとても豊かに気持ち良く鳴らしてくれます(*´ω`*)ギターのインストやロックなどとても良いです。

○高域に関しては、解像度は高めでスピード感があるのでEDMになかなか合います。ただ、場合によっては若干耳に刺さる方もいらっしゃるかもしれません(´・ω・`)

 

3.最後に

総合するとこちらのイヤホンは得意不得意がとても明確なのだと思います( *・ω・)ノ

先述のように低域の豊かな量感が必要だったり、1つでどんなジャンルも聴きたいと言う方にはあまり相性が良くないかもしれません。

ただ、そもそもそれはシングルBAのイヤホンに対して求め過ぎだと思います。イヤホンを使い分けされる方や、先述の苦手な分野以外の曲を聴かれる方にとっては苦手を補ってあまり程にある素晴らしいイヤホンだと思います٩( 'ω' )و

あ、最後になりますが和柄っていいですよね(*´ω`*)


-イヤフォン