イヤフォン

クレーンゲームの景品「コカ・コーラヘッドホン」レビュー & 改造してみました。

初めまして宜しくお願い致します。ブログプロデューサーのBOSSと申します。いつもBOSSリブログブログを出稿させて頂いております。

 

さて、前置きはともかくとしまして前回に引き続きまた近所のゲームセンターでオーディオなアイテムを獲得してきました。

コカ・コーラのロゴの入ったヘッドホン

 

あと赤と黒がありましたが白が取りやすそうだったのでそのままGET

 

ブレのないプライズ系オーディオ製品の音の悪さ

とりあえず音楽をかけてみましたがこちらもブレがなく、最高に悪い音質でした。

トンネルの先で聴いてるかのようなボーカルの引っ込み&リバーブの効いた感じとでもいうのでしょうか。

低音もボワボワでなんともどのタイミングでも使おうとは思えない製品でした。

 

全体的にプラスチック&イヤーパッドも固い

ヘッドホンといえば取り付け心地も重要ですがこちらは全体的にプラスチックなので頭の形によっては絶妙な側圧で、イヤーパッドも安物感がすごく装着していて非常に心地悪いという究極さです。

 

ドライバの交換をしてしまいます

ということで全体的に残念な商品ですが、せっかくなのでドライバを交換したりして何か変わるか検証してみようと思います。

 

・MDR-CD900STのドライバを使用

ドライバは言わずと知れたモニターヘッドホンのデファクトスタンダード的存在。SonyのMDR-CD900STのドライバを使用します。

 

SOUND HOUSEさんで購入可能です。

 

・4極化&リケーブル対応化

元々はまた安っぽいケーブルベタ付けでしたが、取り外してみるとジャックがポン付けできそうだったのでついでに4極ジャックにしてバランス接続可能な状態にします。

 

 

ジャックの取り付けは終わったものの、少し細めのプラグでないと入らない状態という結果に・・・

リッチなプラグは使用しないのでとりあえずはこのまま組み込んでしまいます。

 

完成。元の状態よりかはよっぽどマシに

作業時間は20分ほどで完了しました。

元のドライバよりCD900ST用のドライバの方がはるかに重く、全体的にずっしりとした感じに。

手持ちの4極ケーブルを使用してみましたが、若干高級感が出てきたような気がしてきました・・・っ!

 

元の状態から比べると雲泥の差が。

筐体の材質などCD900と比べてしまうと全然足元にも及びませんが、これならまだ何かのタイミングでテスト用なんかに使ってもいいのかなと思える程度まで進化を遂げることができました。

構造上半密閉(作りは完全密閉っぽいのですが部品がお粗末なため隙間がたくさん)のようで、低音域は力強くもこもり気味、高音域もそのせいでじゃっかん死んでしまっているようです。

 

何度もお伝えしていますが、その部品を使ったからといって同じ音になるなんてことはないってことですね!

 

~今回の出費~

クレーンゲーム獲得 \500

CD900ST用ドライバ x 2 \4,752

4極ジャック \200

合計 \5,452

 

これを景品として出すんだといくらつぎ込まないと取れないプライズになるんでしょうね・・・

 

<文 : BOSS>

-イヤフォン