プレーヤー・アンプ

CHORD Mojo 4極化を行いました。

2017/02/15

いやはやクリスマスイブですね!

弊社は六本木にありますがそりゃもう幸せそうなカップルがひしめき合っていてですね・・・

 

さて今回も依頼品になりますが、Mojoといえばどこかの大きいダンゴムシの目のようなボタンが特徴的な人気のポタアンですね。

写真 : アユート様

 

今回の依頼はずばり4極対応。情報サイトを見るにはこのアンプは3.5mm出力が2本出ていて、そこを2つとも使用して各GNDを分岐させることで無理やり4極対応にするというDX90みたいな手法がある様子。

ただ依頼主の方にはそれでGNDを左右切り離したところで全然音質に変化がなかったようでした。

 

1.まずは分解していろいろ眺める

裏面に六角のネジが数本ありますのでそれを外せばすぐに分解できます。

上蓋にバッテリーと目玉の目玉()があります。気を付けて外さないとこのボタン部分を固定している白いT字型の部品がすぐに外れてどこかに消えるので気を付けましょう。

割とシンプルな作りです。

 

2.ピンアサインを確認

ピンアサインを調べてみるのと、どちらが主として線が来ているのか調べます。

メモ程度ですがピンアサインはこんな感じでした。写真のプラグが刺さっている部分が主?のようで、そこからもう1つのジャックに向かって分岐されているようです。

別々の出力を持っているというわけではないようですね。

 

3.ジャックを取り外す

必死すぎて写真を撮り忘れてしまいましたが、温めすぎては基板のパターンを剝がしてしまったり他の部品にもダメージを与えてしまう可能性もある反面、低温でやっても一向に外れないというジレンマの中取り外しておりました。

MojoのジャックはDX90とは違い基板を貫通してハンダ留めされているようではないので全体的に温めながらコツコツを浮かせます。

 

4.4極ジャックの配置とGNDを探す

今回用意した4極ジャックは取り外したジャックより短いので設置する場所をしっかり決めてから取り付けないと蓋を閉めたときに出っ張ったりへこんだりしてしまうので何度かテストでふたを閉めつつ確認。

 

元の状態と比べ違和感なく設置できたのではないでしょうか

左 : 交換した4極ジャック 右 : ノーマルジャック

 

ポジションは決まったのですが、そのまま取り付けると意図しない場所が短絡する結果になっていたので裏返して固定して、そのまま配線を伸ばすという手法にしました。

GNDはすぐ近くにあった回路のパターンのみしかなかった部分から拝借いたしました。

一応左右で別々のところに配線しておりますが、この2つとも普通にGNDなので結果的には変わらない事になりますが念のため・・・

 

全体的にはこんな感じです。

 

5.完成。良くも悪くもMojoサウンド

早速出来上がりまして試聴しましたが、今回のカスタムに関係なくMojoは何通してもMojoの音になりますね。

もちろんソースの良し悪しも大きいとは思いますが、こちらで確認した機器ではDACの性能に限らずほとんど違いが判らない、いわゆるMojoサウンドという印象があります。

それに4極化によって低音のアタック感が強くなり、音場が広くなった印象とのことでご依頼主の方にも納得いただけました。

 

今回の費用ですが4極ジャック以外は解析と手作業のみなので5,400円で試行いたしました。

 

<文 : BOSS>

-プレーヤー・アンプ