プレーヤー・アンプ

ONN X5のラジオを物理的に使えなくしてみました。

2017/02/15

さらばFMラジオ

先日分解してみたONN X5。FMラジオ搭載のせいで電源を入れることができなかったのですが、この度BOSSの協力を得てラジオ用チップの除去に成功しました。

 

img_1175

まずはさらっと分解しましょう。

img_1176_002

基板とにらめっこしながら各チップの役割を探っていった結果、赤枠のチップがラジオチューナーであることが判明しました。

ならばこのチップを取っ払えば電波が出ない=電波法には関係がなくなる!!

 

img_1177_002

ということで除去。これで電源がきちんと入るのか、音楽は普通に聴けるのかが心配でしたが…

 

img_1180

問題なく起動しました。

ファームはオリジナルのままなのでFMラジオの項目自体はあるものの、チップを除去したおかげでチューニング選択画面でフリーズして電源が落ちるようになっていました。

 

img_1181

そして音楽再生も全く問題なし♪目的は完遂されました。

そしてこの機種、操作性の残念さと引き換え(?)に音質が良いという評価が多いようです。

実際に聴いてみると機種固有のクセのようなものもなく、とてもクリアで粒立ちのよい音を鳴らしてくれます。

 

img_1179

ちなみにこちらが該当のチップ。

 

rda5807m-5807%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%abic%e3%83%81%e3%83%83%e3%83%97%e9%83%a8%e5%93%81-jpg_640x640

RDA5807Mという型番のようです。(※画像はこちらより)

0.12ドルなのでだいたい15円くらいでしょうか。

 

操作性の悪さというか強烈なクセはすごいです。曲をエクスプローラーから選択する際、それまでセンターのMキーが決定だったのにいざ曲を再生しようとMキーを押すと…

img_1182

「Delete File?」じゃないよ!再生したいんだよ!!…この画面から急に右隣のキーが決定ボタンに変わるんです。

他にもSD対応ですがSDの曲は再生はできるものの内蔵メモリの曲しかデータベース化してくれない、などかなりのエグさ。

しかし本体は軽量で持ち運びやすいですし、音質も良く再生可能なファイルフォーマットも多いので7,000円前後ならば個人的には非常に満足です♪

<文:かえる>

-プレーヤー・アンプ