rockbox400

プレーヤー・アンプ

Rockboxの主要機能操作簡易ガイド

Rockboxの使い方ってクセがあるんですよね…。

以前、簡単にご紹介したオープンソースのファームウェアRockboxですが今回は導入済みのiPodにおける主要な機能などについて簡単にご説明していきたいと思います。

導入方法については解説しませんので悪しからずご了承ください。

メニュー
・基本操作方法
・オリジナルファームでの起動について
・曲の転送方法について
・表記の日本語化

 

・基本操作方法

<メニュー画面>

項目移動:ホイール(オリジナルと同じ)

選択:センターキー(オリジナルと同じ)

戻る:左キー

進む:右キー

TOPへ:Menuキー

再生画面へ:再生/一時停止キー

<再生画面>

再生/一時停止:再生/一時停止キー(オリジナルと同じ)

巻き戻し/前曲:左キー

早送り/次曲:右キー

ボリューム:ホイール(オリジナルと同じ)

TOPへ:Menuキー

曲選択画面へ:センターキー

 

・オリジナルファームでの起動について

Rockboxを導入したからといって、iPodオリジナルのファームで起動できないということではありません。

オリジナルファームが立ち上がれない状態(例:オリジナルファームで認識可能な曲数上限をオーバーしているなど)でなければ以下の方法で立ち上げることが可能です。

1.Menu+センターを長押しして再起動/電源ON

2.リンゴマークが出たらHOLDスイッチをONにする

3.しばらくするとオリジナルファームが立ち上がる

 

・曲の転送方法について

Rockbox導入済みのiPodをPCに繋ぎますと、通常のiPodとは別のドライバがインストールされ、コンピュータ上に表示されます。

2016-11-18_155411

そして、この中に入るとiPod内部のフォルダ階層が表示されます。

2016-11-18_155442

iTunesで転送した曲は「iPod_Control」という隠しフォルダの下階層に入っていますがRockboxでは特に曲を入れるためのフォルダというのはありません。

2016-11-18_155508

曲の追加方法はこのiPod内にドラッグ&ドロップなりコピペでOKです。

上図のように任意の場所に曲データ専用のフォルダを作り、その下にアーティストやアルバム別にフォルダを作成すると曲の管理がしやすいかもしれません。

 

・表記の日本語化

導入直後は英語になっていますが設定を変更することで日本語表記にすることが可能です。

img_1049

こちらが初期状態のTOP画面です。まずは「Settings」へ。

img_1050

次に「GeneralSettings」へ。

img_1051

「Language」へ入ると…

img_1052

「japanese」を選択すれば表記が日本語に。

…なるのですが、フォントを変更しないと所々で文字が「□」で表示されてしまいますのでフォントも合わせて変更しましょう。

img_1050

 

 

Menuの左のキー(オリジナルなら巻き戻し/前曲のキー)を押して画面をひとつ戻って「ThemeSettings」へ。

※もし既に文字が「□」で表示されてしまっている場合にも項目の順番は変わらないので画像を参考に進んでください。

img_1053

この中から「Font」を選択。

img_1054

「Sazanami-Mincho」というのが日本語のフォントです。その左の数字はフォントサイズ。

全てのフォントが全サイズあるというわけではありませんが、もし文字が小さすぎたり文字同士が重なってしまったりしたらサイズを変更してみてください。

img_1055

これで無事に日本語表示されるようになりました。

-プレーヤー・アンプ