Musicmaker-KK-ting

イヤフォン

【中華イヤホン】MusicMaker KK-Ting開封レビュー

MusicMaker KK-Ting

今回はMusicMakerというブランドの「KK-Ting」というイヤホンをAliexpressのセラー、HCKから購入しました。

MusicMakerの商品自体は以前からいくつか出ていたのですが、評判は良いものの高価だったり私自身がインナーイヤー型のイヤホンを好まないという理由から見送ってきました…。

そんな中で発売された安価なカナル型がこの「KK-Ting」です。

では開けていきましょう!

IMG_0028

おにぎりが丁度よく入りそうなケース。


 

IMG_0029

裏はこんな感じです。


 

IMG_0031

内容物はこちら!本体とワニ口、イヤーピース。中華イヤホンの基本セットと言っても良いでしょう。

イヤーピースは白シリコンがL×1、S×2。赤黒のシリコンはL/M/S各1。あとはウレタンフォームのチップが1の計7セットです。


 

IMG_0032

本体の背面に「Music*Maker」「Ting」。そしてさりげなくLRが書いてあります。


 

IMG_0036

ステムの太さは普通~やや太めくらい。難点としては金属筐体でツルツルな上、引っかる出っ張りもないのでウレタンフォームがすっぽ抜ける点が挙げられます。

個人的には側面のスパイラルや金管楽器をイメージさせる底面までのラインなど、筐体のデザインも気に入っています。

 

では聴いていきましょう

再生機器はShanlingM2。アンプは咬ませません。イヤーチップはウレタン。

再生曲は有形ランペイジ/有形世界リコンストラクションよりストロボラストです。

CDからのアップサンプリングで88.2kHz/24bitのFLAC。

UKではいざ試聴。

かなり硬い音です。アルペジオで弦をはじく音に金属感が感じられます。

パーカッションやハイハットは1発1発が主張してきてただのリズム隊としてではなく個々がきちんとした存在感を放っています。

ベースも空間を包み込むというよりはブリブリと引き締まった鳴り。ボーカルは芯を残しながらも適度な広がりです。

傾向はややドンシャリでしょうか。ですがボーカルが引っ込んでしまうわけではなくどの音域も丁寧かつ確実に主張してくる感じ。

音場は普通~やや広め。

オススメ度☆☆☆☆★

ハイコスパで有名なKZ ATE/ATE Sは1,000円前後、このKK-Tingは3,000円前後。

コストパフォーマンスの面ではさすがに劣るものの、3,000~4,000円というのは価格としては一般人がイヤホンにかける標準的な金額でしょう。

その価格帯であるKK-Tingが持つこのデザインと音は耳にとっても目にとっても非常にハイパフォーマンスな逸品です。

-イヤフォン