pioneer_se-ce511

イヤフォン

"開拓者"が放つ安くてクリアなインナーイヤーPioneer SE-CE511レビュー

「REV(@forREV)さんからお借りしました」シリーズ第18弾。そろそろ20弾も近いですね。ありがとうございます。

さて、連日のインナーイヤーレビューも一旦今回でストップとなる予定です。

Pioneer SE-CE511

日本語で開拓者という意味を持つパイオニア。いわずと知れた大手メーカーですね。

今回ご紹介するのはその中でもとても安価で評判も上々なSE-CE511。

IMG_0386

ラッパ型のシンプルで無駄のないデザインです。赤ラインがR、グレーラインがL。

IMG_0387

プラグは3.5mmの金メッキ。L字型なのでスマホなどでも使いやすいでしょう。スピーカー面は穴多め。

IMG_0388

銀色に輝くPioneerのロゴが価格以上の音質を期待させます。

 

では聴いていきましょう

UK

有形ランペイジ/FREELY TOMORROW 88.2kHz/24bit CDアップサンプリング音源です。

再生にはAigo Z6を使用します。

 

いざ再生…

 

安価なイヤホンにありがちな高音やサ行の刺さりがありません。ハイハットの金属感も出ています。

ボーカルには芯の強さがあり柔らかすぎず堅すぎずのほどよい広がり。

また低音もベースの弦を弾いた細かな音のブレまで感じられ、全体的にはっきりとした音作りでとてもバランスよくまとまっていますね。

 

オススメ度☆☆☆☆★

現在の相場が780円~。

高音の当たりの柔らかさ、中音の広がり、低音の表現。金額に対するパフォーマンスは大したものです。

抜群に音がよい!というわけではないものの、この価格なら買っておいて良い1本です。

<文:かえる>

-イヤフォン